四天王寺周辺の名所旧跡-その1の23

宝物館
(天王寺区四天王寺)
画像

創建以来の数々の災難を乗り越えて保存、継承された国宝・重要文化財を含む約500点の宝物を収蔵、展示されています。

593年に創建されて以来、度重なる災害のため、創建時の建造物など宝物の多くが失われました。
しかし、そのような災禍を越えて、500余点の国宝・重要文化財・これに準ずる貴重な文化財を現在まで保存・継承しています。
現在の宝物館は昭和45年10月17日完成、中心伽藍の東側、太子殿の北側に位置し寺宝を参拝のかたがたに四天王寺の姿を
理解していただくとともに、我国仏教文化の全般を広く皆さんに理解していただくため開館されたそうです。

画像

車椅子では入れませんので(入館料¥300(中心伽藍、本坊庭園.との共通券¥700))
画像

                   ---クリックすると大きくなります---
パンフレットで紹介されている主な宝物と「国宝扇面法華経冊子」の写真を掲載します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック